Google Analyticsを使って内部リンクを改善する方法

内部リンクの設計はサイト構造を設計する上で重要で、SEOやコンバージョン改善に強く影響します。

今回は、Google Analyticsのデータを内部リンク設計や内部リンクの貼り方の改善に活用する方法を紹介します。

ユーザーがクリックする内部リンク

ユーザーからクリックされるリンクを、クリックされやすい場所に貼ることが内部リンクの設計において重要です。

ユーザーが探している情報にたどり着きやすいようにサイト構造や内部リンクを設計すると、関係しあっているページ同士が内部リンクでつながり合います。

一方、ユーザーのことを考えずにサイト構造を設計すると、関係ないページ同士の内部リンクが多くなったり、クリックされない内部リンクが多くなります。

ユーザーが気づかないような場所に大量に内部リンクを仕込んで、順位を上げたいページにリンクを集める施策に効果あった時代もありますが、今は、ユーザーがクリックする内部リンクでなければ、効果は薄いです。

クリックされる内部リンク

Google Analyticsは、クリックされやすいリンクを調査するのに便利なツールです。Google Analyticsを使って、クリックされやすい内部リンクを分析し、改善に活用しましょう。

内部リンクの代表例

内部リンクには、代表的なパターンがあります。

内部リンクの改善では、まずは、これらのリンクのクリック率を高めることから始めると良いでしょう。

  • グローバルナビ
  • パンくず
  • 類似ページ
  • コンテンツ内リンク

それぞれに内部リンクの役割が異なります。役割に合わせて改善方針を整理しておきましょう。

グローバルナビ

サイト全体に回遊するためのナビゲーションです。

内部リンクは全カテゴリを網羅しつつ、サイト規模が大きい場合は、中カテゴリぐらいまで一気に遷移できるリンク設計になっていると便利でしょう。

グローバルナビゲーション

パンくず

今いるページの親ページを示してくれる内部リンクです。

階層が深い、あるいは絞り込み機能がある大規模なサイトは、どこまで細かくパンくずリンクを表示させるかを設計する必要があります。

パンくずリスト

類似ページへのリンク

いわゆるAmazonのレコメンドなどです。記事メディアの場合、関連記事なども、この内部リンクのパターンに当てはまります。

ECの場合、似た商品を表示させるのか、まとめ買いするリンクを表示させるのかなど、サイトによってリンクのロジックを設計することが必要です。

類似ページ/商品ヘのリンク

コンテンツ内リンク

商品詳細ページや記事ページ内に設置する内部リンクです。

より詳細な情報や関連情報のページに誘導するために使われることが多いです。

昔は、自動でコンテンツ内リンクを生成するシステムを実装して、内部リンクを張り巡らすような施策がありましたが、ユーザーは、深く知りたいと思ったときにしかクリックしないため、今は、効果は薄いです。

やはり、ちゃんとクリックされるリンクを設置しましょう。

内部リンクの改善方法

ユーザーがクリックしたいと思う内部リンクを設置することが内部リンクの改善になります。

つまり、ユーザーがクリックしたいと思う内部リンクを見つけることが重要です。

Google Analyticsを使って、どんなリンクがクリックされているか、あるいは、どんなリンクを設置すればクリックされるかを分析することができます。

クリック実績を使った内部リンク改善

まずは、現時点で表示されている内部リンクのクリック実績から分析する方法です。

クリックされやすいリンクとクリックされづらいリンクを分析し、クリックされやすいリンクを増やします。

クリックされやすいリンクを調査するには、Google Analyticsのイベント機能を使うのが便利です。

※Google Analyticsのイベント機能でクリックを集計するには、Googleタグマネージャーを使うと簡単にできます。Googleタグマネージャーでの設定方法は、別記事で説明します。

Google Analyticsの行動 > イベント > ページで、クリック分析をしたいページを選択します。

Google Analyticsのイベント対象ページの選択

次に、イベントカテゴリで、クリック分析用のイベントカテゴリを選択します。

Google Analyticsイベントカテゴリの選択

各エリアのクリック実績が分かります。更に、分析したいエリアのイベントアクションを選択します。

Google Analytics対象エリアのクリックデータ

すると、具体的にどのリンクがクリックされているかが分かります。

Google Analytics個別リンクのクリックデータ

この方法で、どのエリアのどの内部リンクがクリックされているかが分かります。クリックされていないリンクがあれば、改善しましょう。

ページ遷移を使った内部リンク改善

ページ遷移からも改善すべき内部リンクが分かります。

旅行サイトでの例を挙げます。

旅行プランの一覧ページから、旅行プランの詳細ページに遷移するよりも、更に絞り込んだ一覧ページに遷移するユーザーが多いことが分かれば、絞り込み時によく使われる項目を、内部リンクとして設置しておくことが、内部リンクの改善になります。

Google Analyticsでページ遷移を見るには、まず、行動 > サイトコンテンツ > 全てのページで対象ページを選択し、ページ上部のナビゲーションサマリを選択します。

Google Analyticsナビゲーションサマリ

すると、次にどのページに遷移しているかが分かります。

Google Analyticsページ遷移

リンクを貼ってない、あるいは、リンクが目立たない位置にあるにもかかわらず、多くのユーザーが遷移しているページが見つかれば、そのページへの内部リンクを設置してみましょう。

リンクを設置したら、上で説明したGoogle Analyticsのイベントでクリックされているか確認しましょう。

サイト内検索のキーワードを使った内部リンク改善

サイト内検索のキーワードからも、内部リンクの改善方法が分かります。

サイト内検索のキーワードは、ユーザーのニーズが強いにもかかわらず、絞り込み検索に用意されてない項目や用意されているけど気づきづらい項目を示しています。わざわざキーワード検索をするぐらいですから、ニーズは強いですよね。

GoogleAnalyticsで、サイト内検索のキーワードを分析するには、まず、設定画面内のビューの設定で、サイト内検索のトラッキングをONにします。これでサイト内検索のキーワードが集計されます。

集計されたら、行動 > サイト内検索 > 検索ページで内部リンクを改善する対象のページを選択します。

Google Analyticsサイト内検索が使われたページ

すると、ページ別のサイト内検索キーワードデータが見れます。意外なキーワードや検索結果が0件のキーワードなども見つかるため、内部リンクの改善以外でも使える有用なデータです。

Google Analyticsサイト内検索キーワードデータ

表示されるサイト内検索のキーワードの内、検索回数が多いキーワードを改善対象ページやその親カテゴリページにリンクとして設置すると良いでしょう。リンクを設置したら、クリックされているか効果検証しましょう。

サーチコンソールで内部リンク構造を確認

サーチコンソールを見れば、どのページに多くの内部リンクが集まっているかを確認することができます。

上位カテゴリのページや重要なページに内部リンクが集まっていれば、設計はうまくできていると言えます。

内部リンクを修正したら、思い通りに優先度で内部リンクが集まっているか確認しておきましょう。

Google サーチコンソールの内部リンクデータ

内部リンクの改善方法 まとめ

Google Analyticsを使って、内部リンクを最適化する方法を紹介しました。

内部リンクの設計や貼り方を改善すれば、コンテンツを増やさなくても、SEOやコンバージョンの改善につなげる事ができます。

Google Analyticsは、内部リンクの改善をする時にも使える便利なツールです。

今回、紹介した

  • イベントを使ったクリック分析
  • ページ遷移分析
  • サイト内検索キーワード分析

を使って、内部リンクを改善し、SEOやコンバージョン改善につなげてください。

Hackersマガジン

SEO、サイト改善、SNS活用など、デジタルマーケティングに関する情報をLINEで定期的に発信しています。登録してみてください。

Hackersマガジン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする